iPhone 8三つのセールスポイント

iPhone 8 三つのセールスポイントは:有機EL(OLED)ディスプレイ、容量拡大 のバッテリー、3Dレーザースキャナー



iPhone 8 三つのセールスポイント

ストレージ容量
TrendForceによると、アップルはiPhone 8のストレージ容量を大きな変化をしないこと。iPhone 8の最大ストレージ容量は、256GBとしている。この他には64GBの選択肢もある。このメッセージはアップル仕入先からである。そのほか、iPhone 8は3GB RAM を提供する。

有機EL(OLED)ディスプレイ
iPhone 8は必ず一つのモデルは有機EL(OLED)ディスプレイを採用する。みんなはアップルがサムソンのようにLCDのかわりに、有機EL(OLED)ディスプレイを採用することは期待している。有機EL(OLED)ディスプレイはいくつのメリットがあるが、アップルは最も気に入るのは消費電力が低いということである。ところが、有機EL(OLED)ディスプレイはちょっと高い。それによって、iPhone 8はアメリカでの値段は1000ドルを超えるかもしれない。この値段は高い。だが、アップルのシェアとブランドロイヤリティは高いくて、大幅値上がりしても販売量を維持できる。


三つのモデル

全てのモデルは有機EL(OLED)ディスプレイを採用するかどうかまだわからない。今、たくさんの人たちはアップルは三つのモデルを発表すると信じている。この中で、最大のモデルは5.8インチで、他の二つは4.7インチと5.5インチということ。


ボディーが全面ガラス製

アップルはiPhone7のアルミニウム合金のボディを諦め、ディスプレイ側と背面がともにガラス製となり、金属製のフレームを挟み込むのようなデザインに戻る。iPhone 8の全面ガラス製のデザインは大きな変化である。他には、できるだけベゼルレスの全面ディスプレイを採用する。


容量拡大のバッテリー

Katy Hubertyの研究によると、iPhone 8は容量拡大のバッテリーを採用し、持続時間長くなる。中国市場は新技術と新デザイン(例えば、より良いアプリとワイヤレス充電)を推進するの力である。iPhone 8はワイヤレス充電を採用するかどうかはまだわからない。しかし、もしiPhone 8は本当にワイヤレス充電を採用するなら、最も進んだ技術になる。


3Dレーザースキャナー

iPhone 8は革新の自撮りカメラがあると郭明池さん思っている。このカメラは赤外線レーダーで視野の中で物事のところと深度を検測して、高効率で3D画像が生み出す。この技術は顔認証や虹彩認証で利用して、3D自撮りができることになる。そのほか、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)にも活用可能。



関連記事:

iPhone8に採用かも?Apple、顔認識技術のRealFaceを買収

商品のレビュー

0コメント数

コメントがありません